サービス

【エコ住宅】

エコ住宅とは

エコ住宅とは、環境への負荷をできるだけ少なくすることを目的として建てられる住宅のことです。
CO2の排出量を減らしたり、電気もなるべく使わないようにしたり…エコ住宅はそのまま節約になるのです。
エコ住宅を支える仕組みはたくさんあり、今もさまざまな企業が更なるエコサービスをつくっています。
ここでは、エコ住宅の実態を、ひとつひとつご紹介します。

◎高気密高断熱

エアコンなどがない時代、日本では風通しを意識した家造りが行われていました。
それは暑い夏をしのぐためで、冬は服を多く着込めばいい、という考え方です。
しかし、今重要になってくるのが、断熱。冬の厳しい寒さを、家自体が遮ってくれます。
でもそれじゃあ夏は暑そう… と思われるかも知れませんが、ここで活躍するのが高気密性。
エアコンの熱を逃がすことなく、家中をまんべんなく冷やしくれるので、低い温度設定にしなくても涼しく感じられるのです。もちろんそれは冬も同じで、暖房も必要最低限の設定で十分になるのです。

◎緑化

住宅の緑化には、大きく分けて、屋上緑化と壁面緑化があります。
屋上緑化は、建物の断熱性の向上のために屋上に植物を植えることです。

断熱性を確保できると同時に、景観の向上のために行う方も多いかと思います。
また、都心部では、屋上を緑化することによるヒートアイランド現象の軽減にもひと役買っています。
壁面緑化は、緑のカーテンと呼ぶほうが身近かもしれません。
植物を建物の壁や外側に植えることによって、温度の上昇を抑えてくれます。

台風による被害や屋根の防水設備、壁面の強度の問題など、いくつか問題点はありますが、環境への負荷軽減という点でも、緑化はCO2減少に役立ってくれます。

◎高効率給湯器

お風呂など、お湯の使用に欠かせないのが高効率の給湯器です。エコキュート・エコジョーズ・エコウィルなどが有名です。
実はこれらは、実際の商品の名前ではなく、システムの名前なのです。企業ごとに、独自のエコキュート・エコジョーズ・エコウィルを提供しています。そして、この3つはまったくの別物。どうやって熱を生み出すか、エネルギーの転換方式が違うのです。

エコキュート 電気⇒熱
エコジョーズ ガス⇒熱
エコウィル  ガス⇒電気+熱

エコウィルは、ガスを使って電気をつくります。その過程で出る排熱を利用してお湯を沸かしているのです。
以前は、これら3種とも導入の際、国から補助金が出ていたのですが、今は終了しています。
しかし、自治体によっては今でも補助金を出しているところもあるようですので、導入を考えの方は、お住まいの地域の状況を確認してみてください。

◎LED照明

今ではLED照明は必須のエコアイテムです。LED照明とは発光ダイオードを使用した照明器具で、長寿命、省電力が売りです。また、熱くならないため、安全性も高くなっています。

◎太陽光発電

もちろん太陽光発電もエコを支える重要な仕組みのひとつです。その特徴はたくさんご紹介されていますが、電気代の節約だけでなく、売電での収入も見込めます。ただ、太陽光発電自体も安く購入しようと最安値の業者さんに頼むと、動作不良やずさんな工事で割高になってしまうこともありますので、ご注意ください。また、アフターフォローの有無のチェックも必須です。

【耐震・制震について】

◎耐震診断が必要な理由

過去の大震災の教訓をもとに建築基準法も節目ごとにより詳細、具体的に改正されています。
現在の建築基準法に合わせた構造耐力が求められます。

平成30年6月18日の大阪府北部を震源とする地震では、北区において震度6弱の揺れを観測し、大阪市全域においても外壁のひび割れなどの建物被害が発生し、半壊や一部損壊と被害認定された建物も多く見られました。

地震等の災害から身を守るためには、お住まいの耐震化を行うことが重要です。
今後発生が懸念される南海トラフ巨大地震等の大規模災害に備え、お住まいの建物等の状態をご自身で確認いただくことをお勧めします。
耐震・制震診断により人命、財産を守る事はもちろん、住む人にとってより住みやすく快適な住宅を考える良い機会になると思います。

◎耐震(制震)リフォームのご提案

リフォームをお考えのお客様の場合、 耐震(制震)工事とリフォームを別々に行うよりも同時に行う方が 設計、資材運搬、工事を効率化でき、コストを抑えることが可能な為 耐震(制震)工事と同時にリフォームをされるケースが一般的です。
Kracieでは耐震等級3(*1)をスタンダート(新築の場合)としております。
有資格者が詳細な診断、計画を行い、新築、改修のご提案をさせていただきます。

*1)耐震等級3…建築基準法の1.5倍の建物強さ

【マンション管理】

Kracieでは、オーナー様に代わり、リーシングを始め契約締結や入居者の対応、退去後のリフォームの提案・施工など大切な資産の効率的な賃貸経営を実施いたします。

◎空室期間のロスを最小限に抑える提案力

物件の賃貸収益性を安定させるために必要なサービス業務を行っています。
リーシング業務から、部屋の構成や賃貸条件の設計・調整などの検討や提案をいたします。

◎お客様の手間を最小限に留める集金代行業務

集金代行業務や代行支払い業務など、不動産を経営するにあたって面倒な業務を代行、
お客様がスムーズに運用を行えるようサポートします。

◎安心の資産管理・家賃保証

不動産運営で気がかりなのが、安定した収益が望めるのかという点です。
Kracieでは、築年数の経過による資産価値の変動や、入居者の家賃滞納といったオーナー様の不動産運営に対する不安を管理のプロとしてサポートします。

◎修善・工事

面倒な修繕・工事対応を弊社に任せください。
入居中の修繕費用や設備修理費用にとどまらず、入居者入替時の原状回復工事も弊社で実施します。